加熱脱着装置-日本分析工業株式会社

title.gif

急速加熱で定評のあるキューリーポイント方式を採用することで、低沸点成分から、高沸点のVOC分析まで広範囲にわたり多検体試料を高感度で分析できます。

大容量の石英試料管により、小物の電子部品や、ポリマーなどの材料を直接挿入して分析が行えるほか、テナックスなどの吸着剤を石英試料管に詰めることで、室内雰囲気やクリーンルームなどの大気分析、環境や匂いの分析、また長時間の劣化試験を必要とする電子部品のアウトガス分析が容易にできます。

top_jtd3.jpg

また周辺機器として、一次トラップ管(PAT)の焼き出し装置や、各種のアウトガス捕集装置を豊富にラインナップし、トータルサポートが可能です。

-特長-
・低沸点成分から高沸点成分まで広範囲にわたり高感度に分析できます。
・濃縮サンプルのGCへの導入はキュリーポイント加熱方式を採用しました。急速で加熱するためシャープなピークが得られます。
・大容量のPATを準備しており、多量の大気捕集が可能です。
・大容量のPATの為、小物部品やペレット状の材料をそのまま試料管に入れて、アウトガスの分析が可能です。(内容積:10ml、内径:12mm・高さ50mm以内)
・国内外問わず、どのメーカーのGCにも接続できるので、既存GCですぐにでも加熱脱着(TD)-GC/MS分析が可能になります。

top_jtd.jpg

top_jtd2.jpg

-幅広く多岐の応用分野に対応できます-
・室内空気汚染物質測定
・大気中の有害揮発性物質測定
・クリーンルーム大気中の有機物質分析
・作業環境揮発性物質測定
・建材放散VOCガス捕集
・排ガス測定
・揮発性有機化合物分析
・高分子材料からの発ガス分析・異臭分析
・医薬品製剤中の残存溶剤分析
・食品中の異臭・香料成分の分析
・電子部品からのアウトガス分析
・電気機器からのアウトガス分析